Q&A_No.21_養育費の算定に関する基本方針と「養育費・婚姻費用算定表」

Q.
養育費の額を定める場合、どのように決めたらいいでしょうか?


A.
基本的には、父母が相互に協議を行い、子どもの生活と成長を考慮し、どの程度の額が必要かを加味した上で、双方が納得した額を定めるべきといえます。ただし、相場又は相当な養育費の額が分からないと、養育費の額を決定するのが困難となることがあります。その場合には、家庭裁判所の実務で活用されている「養育費・婚姻費用算定表」という簡易算定表を用いて算定することが有益となります。