Q&A_No.46_離婚時における親権者指定の一般的基準

Q.
離婚時における親権者指定の基準はどのようなものですか?



A.
離婚時における親権者指定の基準として考慮される事項には、次のようなものがあり、子側の事情と親側の事情に分けて考えることができます。
(1)子側の事情
・子の意向
・兄弟姉妹関係
・年齢

(2)親側の事情
・経済状況
・健康状態
・教育環境
・意欲及び能力

なお、これらを考慮するにあたり、親権者指定においては、「子の福祉」を最優先に考慮すべきものであることから、夫婦関係破綻の有責性を親権者指定の際に考慮すべきではないとされます。