Q&A_No.54_有責配偶者からの離婚請求が例外的に認められるための要件

Q.
自ら離婚の原因を創出した有責配偶者からの離婚請求は認められますか?



A.
自ら離婚の原因を創出した有責配偶者からの離婚請求は原則として認められませんが、次の3つの要件を満たすと、有責配偶者からの離婚請求が例外的に認められます。
(1)夫婦の別居が相当長期に及んでいること。
(2)夫婦間に未成熟子がいないこと。
(3)離婚によって相手方配偶者が精神的・経済的に苛酷な状況におかれないこと。